アジサイ眼科


アジサイ眼科

Ajisai Ophthalmology Clinic

パターンスキャン

そういえば、先週、従来の網膜レーザー照射したことがある方に、パターンスキャンレーザーを使ってみました。


やっぱり痛いみたいです…


そりゃそうです。


網膜レーザーはどうしても痛いので、出来るだけ痛くない設定はないか色々試したことがあります。
痛くなる設定変更として、レーザースポットサイズ、パワー、照射時間があります。
簡単に言って、パワー、照射時間をスポットサイズに合わせて必要最小限にすることが、痛み軽減対策になります。
パワーを上げて照射時間を短くするか、パワーを下げて照射時間を長めにするか、結局この選択になると思いますが、痛く感じる人はどちらも痛いみたいでした。


パターンスキャンは、パワーを上げて照射時間を短くして素早いパターン連射機能を使ってますが、痛みが無くなるほどのものでは無い、予想通りの結果でした。
パターン連射は、思ったほど速くなく、痛そうだから早く照射を終わらせたいのに、終わるまで待つ感じが予想外でした。


ただ、パターン撃ちでなく、従来通りの単発撃ちのスポットの出方のレスポンスが良く、パワー・照射時間が弱めでもスポット出易いメリットがあると思いました。

マンガ的に従来のレーザー照射のパワーの立ち上がりをグラフで書くとこんなイメージで、横軸が時間軸・縦軸がパワーだとすると、立ち上がりの遅れがわずかにあります。
電球のウィンカーがじわっと点灯するイメージです。

パターンスキャン搭載のレーザーはこんな感じで、パワーが鋭く立ち上がるイメージです。
LEDのウィンカーがパッと瞬間的に点灯するイメージです。


このパワーの立ち上がりに一番のメリットを感じました。


ただ、レーザー照射の設定にもう一つあり、レーザー光の波長(色)です。
緑・黄・赤があって、この順番に緑がスポットを出すのに一番まぶしくパワーが必要で、赤がまぶしさが少なくパワーを少なく、出血部位にもスポットを出し易いために、僕は赤を多く使います。
今回借りている機械は、黄色しか照射出来ず、赤を使いたければ、緑・赤の両方を照射出来る機械を買うしかなく、値段も高くなります。


うーん、僕的には、パターンスキャン機能無しの、新しいレーザー機能だけで、赤だけ照射出来る機械がベストなんだけど、そんなものは無さそうです…

安全な靴

昨日の手術患者さんは全員問題無く経過良好です。

仕事中に履いている靴が古くなったので、靴を探していました。


本来なら、革靴が望ましいとは思います。
昨今、医療機関でも身の危険を感じる事件が多いです。


安全性が高い靴を考え、近くの仕事着屋さんで買ってきました。
金属プレートではなくて、樹脂?なので軽くて履き心地も良くて気に入りました。


これで爪先に何かが落ちても大丈夫です!
特に救急外来の先生方あたりにもお勧めします!
クロックスでは何も守ってくれないですよ。

本日の手術

本日は、白内障を9件、眼瞼内反の手術を1件行いました。
年末からの休み明けの手術だったので、慎重に慎重に心掛けましたが、不思議と緊張はしませんでした。


毎週手術をしていますので、今回は2週間でしたが1週間手術をしないだけで妙にしばらく手術しないような気がしてしまいます。
そんな時は、夢の中でも手術したくて昔いた大学病院の手術室にいる夢をよく見ました(笑)
でも、手術楽しいな~ってやってるんじゃなくて、患者さんもスタッフもいない中、その時の教授と二人で道具の滅菌がまだ終わらないから手術出来ないね~って待ち続けるような内容が多かったです。
そこに意味があるのか良く分かりませんが。


しかし、今回の休み中には、手術の夢は見ませんでした(笑)


今日は、手術後に千葉市まで行って衛星を使って全国同時配信のテレビ講演会を見に行きました。
今回は特に、強度近視に伴う黄斑牽引症候群の話が興味深かったですが、演者の先生もまだ判断・治療に悩む分野でした。