アジサイ眼科


アジサイ眼科

Ajisai Ophthalmology Clinic

コロナだろうが何だろうが

今日は他が休みのためか、混んでしまって
お待たせしてしまった方々には申し訳ありませんでした。


ここ最近、花粉のためか、
眼がかゆい、めやに、という人が多いです。


対策で一番大事なのは、目薬でもないし、眼を洗うことでもないです。


・眼を触らない、こすらないこと


・コンタクトレンズをしないこと


この2つが最も大事です。
これは、感染である結膜炎の最大の予防策です。
その上で、目の中がかゆいなら目薬、
眼の周りの皮膚がかゆいなら軟膏を使ってかゆみを抑えることです。


洗眼が好きな人もいますが、
眼の表面は、ムチンやマイボーム腺の油などの大事な涙液があるお陰で、
外からの異物や、病原体からの感染を防ぐ役割があります。
水で涙液を流してしまうと、眼表面を守るものが無くなってしまうので、
無防備な状態になってしまうため、危険です。


眼をこすると、皮膚、結膜、角膜に傷が付きます。
手は細菌、ウイルスなどの病原体で汚れています。
眼をこするということは、
自分の手で、眼に傷を付け、傷に病原体を塗り込んでいることです。
感染を起こし、結膜炎となります。


更に、鼻や口は細菌がいっぱいいますので、
鼻や口を触った手で眼をこすったら、鼻、口の病原体で、
結膜炎になります。


コンタクトレンズも同じで、眼の表面をこすっているので、
角膜、結膜の傷が絶えず起きていますし、
コンタクトレンズの使用管理が悪いと、
コンタクトレンズ自体が病原体だらけ!ということも多いですし、
コンタクトレンズの付け外しで手でレンズを触りますから、
コンタクトレンズをしているだけで結膜炎になる訳です。


コロナだろうが、病原体が何だろうと、
結膜炎にならないようにすることが、大事です。

視野が欠ける

昨日の手術患者さんは全員経過良好です。


眼球内に問題無くても、
脳(視神経~後頭葉までの経路)に問題があれば、視野が欠けます。


欠けた視野のパターンで脳の場所がある程度推測出来ます。
それと、典型的であれば、緑内障などの視神経萎縮とは違った
一部の層の萎縮をOCTで検出出来ます。


ただ、過去に起こった脳腫瘍、それによって起こった視神経萎縮、
そして新しく起こった脳腫瘍があると、視野もOCTも悩むことになります。
今日はそんな感じでしたが、患者さんも前回の経過を良く分かっておられたので、
ああ なるほどとの結論に辿り着くことが出来ました。


最近聞いた講演会で、脳外科の先生もOCT画像解析を欲しいとの話を聞いたので、
紹介状にOCTも入れておきました。

本日の手術、警察に感謝

今日は、白内障手術を12件行いました。
先週の散瞳不良の片目も水晶体と虹彩がくっついていましたが、
まだ先週より状態は良く、虹彩切開しましたが、普通に出来ました。
血小板がすごい少ない人もいましたが、むしろ普通よりも出血が少なく出来ました。
その他も問題無く行っています。


昨日は、成田警察署の方々にはお世話になり、大変感謝しております。
困ったことがあったので、アジサイ眼科に警察をお呼びしました。
警察官立ち寄り所は飾りではなく、躊躇無く呼んで良かったです。
またお世話になることもあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。