アジサイ眼科


アジサイ眼科

Ajisai Ophthalmology Clinic

本日の手術

今日は、白内障の手術を10件行いました。
全員問題無く行いました。

通常、白内障の手術では、お顔の上にドレープを掛けます。
ドレープにはカンガルーのポケットみたいな水を溜められる袋が付いています。


たま~にドレープのシールがお顔に良く貼り付かないと、隙間からポタポタ水が下に垂れることがあります。


ある人の手術中、僕の右足が段々冷たくなっていきました。


あぁこれはきっと水が垂れているなとは思い、
何か対策がないか、スタッフに状態を見てもらいました。
やはり、水だったので、僕の足が濡れないようにタオルで対応してくれました。
もちろん、手術自体はブレずに普通に続行していました。


僕の右足が冷たい!冷たい!とその一連のしょーもない(笑)やりとりが、
手術患者さんには、医療ドラマを見てるみたいで、安心して手術を受けられて良かった!と感動されました(笑)
患者さんの反応は予想外でしたが、良かったです(笑)


術者によっては、手術室の雰囲気がピリピリ!、会話厳禁!なこともあるみたいです。
僕の場合は、逆に笑いが起こることも良くある手術室で、スタッフに情報共有して欲しいことがあったらすぐに見てもらって、楽しく快適に手術しています。


手術後は、マンハッタン(笑)に移動して講演会に行きました。


糖尿病の管理は、内科的にもやっぱり、HbA1c:7.0%以下、血圧は130/80以下、中性脂肪やLDLも低くした方が良い、との目標でした。


前にもブログの話題にしましたが、摂取コレステロール量と、血中コレステロール量は相関しないから、コレステロール量制限値は設けないという話はあります。
だからといって、いくらでも油を摂取しても良いというのは本当に乱暴過ぎる話だと思ってます。
特に糖尿病がある場合の油の摂取はリスクがあると思います。

薬の使い方

1回1個、1日3回、朝・昼・夕方、全部なくなるまで飲んでください。


と言ったら、


通常は、毎日、3回薬を飲み続けてもらっていると、僕は思っています。


特に、手術後の飲み薬は、みんな大事なものだと思って、
言った通りに飲んでくれていると思っています。


それでも飲み方、目薬の使い方が分からない人もいると思って、
手術前日から手術日、手術後の日程、薬の使い方を書いた計画表を作って渡しています。


それでも、驚きの理解の方がいました。


来院日は薬は飲んでいるけど、その他は飲んでいないから余っていると?????


じゃぁ目薬はしているのか聞くと、目薬はしていると?


たまにこんなこともあるので、その都度、計画表もアップデートしていますが、
更に作り直しました。



緑内障の目薬も毎日してもらわないと意味が無いのですが、


2日に1回とか、充血した時に使っているとか、


何でそんな使い方するの?っていう人がたまにいます。


眼科で少ない薬ですら、こんなことがありますので、
他の科の薬も要注意です。

また目がよくなるとか言って


目がよくなる本で儲けようとする人が多過ぎです。


しかも、この著者は医師ではありません。


良くなるって書けないでしょ?


近視を無くせるって書けないでしょ?


そう書いたら捕まるから、書けない訳。


もう誰もこんな本を騙されて買わないことを祈ります。


追記:500回ジャンプの危険性
気付いていない網膜裂孔があった場合、あっという間に裂孔原性網膜剥離になる可能性があります。
前房出血、硝子体出血、水晶体偏位があった場合、一気に悪化する可能性があります。