アジサイ眼科


アジサイ眼科

Ajisai Ophthalmology Clinic

本日の手術、コスパ

今日は、白内障手術を10件、眼瞼下垂(挙筋短縮術)手術を1件行いました。
全員問題無く行っています。


昨日は、仕事後に京成本線でユーカリが丘まで移動して日本医科大学千葉北総病院の地域連携の会に行ってきました。


医師会の先生の挨拶で、若い人は人生においてもコスパ(コストパフォーマンス)の話をするから付いて行けない、コスパばかり言わないでみたいな話をしていました。

言いたいことも分かりますが、コスパは若くても年取っても大事だと思います。


白内障手術や硝子体注射は来月になってお金が入ってから予定したいなど、たまに言われます。


当然、患者さん側に立ったコスパも医療者としては考えないといけないと思います。


サプリメントや、必要の無い薬など、無駄なことはしない方が良いと思うし、お金が勿体無いですよ、とよく言っています。


老眼などで、眼鏡を持っていないのに、疲れ目の目薬を希望される方がいますが、目薬はほとんど効果が無いですし、眼鏡を作った方が良いですよ、そうは言っても困ってないなら、無理に眼鏡も作れとも言いません。



今まで他院で白内障に対して目薬をしていたけど、全然見え方は良くならないし、生活に支障があるなら、手術をした方が良いとアジサイ眼科を市役所で勧められて来たと言う方がいました。


白内障手術にしても、手術説明の時に調べた値段と違ったら生活出来なくなるから大変と言われました。


もちろん、手術後は見えるようになって満足されたようでした。


白内障で見えにくいのに、目薬をしても見え方は改善しません。
目薬は安く思っても、見え方が良くならなかったらコスパは悪いです。


白内障手術も、眼瞼下垂(挙筋短縮術)手術も、目に見える変化がありますし、とてもコスパは良い手術だと思います。

1日1分見るだけで目がよくなる?

最近、成田線の車内広告で貼ってあるし、アジサイ眼科に受診された患者さんからも効果があるのか?と質問を受けました。


今回のブログは、かなりブチギレです(笑)


まず、「目がよくなる」って何?(笑)


小一時間問い詰めたいです(笑)


眼科専門医でなくても、医師だったら「目がよくなる」なんて表現はしないと思います。

まずは、本を書いている人(著者)がどんな人か調べましょう。
どんな情報も書いた人が誰なのか調べてから、信用出来る情報なのか、判断しましょう。


本当に医師なんでしょうか?

同じ名前は出ました。


次、眼科専門医らしいです。
本当の眼科専門医ならば、そんな言い方はしません。


専門医というのは、学会が認定したものです。
日本眼科学会認定眼科専門医なら分かります。
僕は苦労して取った専門医ですもの、愛着は相当なものです(笑)
だからアジサイ眼科ホームページにはそう書いてあります。


余談が長くなりました。
http://www.nichigan.or.jp/senmonlist/map.jsp
日本眼科学会専門医一覧検索です。
この人も、僕も入れてみてください。
嘘ではなかったようです。


次は、現状の勤務の検索です。


「最先端の美容皮膚科とアンチエイジング治療」
美容皮膚科治療、最先端の遺伝子検査、再生医療、がん治療(免疫療法)、ホルモン補充療法、点滴療法が行われております。また、さらなる満足度アップのため、メディカルエステのサービスも充実させております。
再生医療のスペシャリストで外科手術の経験も長い林田院長は、主に再生医療や注入系(ベビーヒューマンコラーゲンやヒアルロン酸など)の治療を担当しております。


どうやら美容皮膚科のようです。
眼科じゃないですよ。


美容皮膚科ですよ!
眼科じゃなくて、美容皮膚科をメインに仕事をしている理由は察するべきです。


さて、この本は、Amazonでも売っていました。

既に読まれた方のレビューがありますので、以下に貼ります。


Eye doctor


5つ星のうち1.0
この本の内容では目は良くならない。本物の眼科医なら絶対に書かない内容。2017年5月20日
 私は大学で眼科学を教えている眼科専門医で、審査委員でもあります。本を読みましたし、写真もすべてじっくり見ました。根本的にこのような本を眼科医が書いたということが恐ろしい。嘘の内容に満ちていて、眼科医への不信感につながります。どうやら写真を見ることで、調節に関係する毛様体筋の緊張を解くのだ、といいたいらしい。写真の遠方部分を見て次に近方部分を見るとある。しかし実際の風景を見て遠近を交互に見ることを実践するならともかく、この写真は2次元で平面です。遠方部分も近方部分も現実には写真上の約35センチほどの近方部です。つまり、この写真を見ると言うことは常に近くを見ているのであり、写真を見ることでかえって毛様体筋の緊張はひどくなるわけです。つまり、こんな無意味な写真を見続ける行為では、疲れるだけで、かえって目は悪くなります。あえて言えば、信じやすい人が錯覚で目が良くなったような気がするのを狙ったのでしょうか?
 眼科学の専門家としてハッキリ言いますが、このような目に不安を抱える人々の弱みに付け込んだ錯覚商法はやめにしませんか?この筆者が眼科専門医と言っていますが、このような嘘だらけの本を出版して、人々の目の健康を損なうことで利益を得ていることは、日本の眼科専門医制度がいかに形骸化しているかの証拠と思われてしまいます。そして、もっとちゃんとした眼科学を勉強して、自分の書いている本が間違いに満ちていることを自覚してください。もしも、恥ずかしいと思わないなら眼科医を返上すべきです。


僕が書くまでもなく、既に僕が言いたいことが書いてありました(笑)


このような目に不安を抱える人々の弱みに付け込んだ錯覚商法はやめにしませんか?この筆者が眼科専門医と言っていますが、このような嘘だらけの本を出版して、人々の目の健康を損なうことで利益を得ていることは、日本の眼科専門医制度がいかに形骸化しているかの証拠と思われてしまいます。そして、もっとちゃんとした眼科学を勉強して、自分の書いている本が間違いに満ちていることを自覚してください。もしも、恥ずかしいと思わないなら眼科医を返上すべきです。


Eye doctorさん良いこと書いてます(笑)


近視、乱視、遠視の人が裸眼で見える目的とか、
白内障、緑内障、加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症など、網膜、視神経疾患で見えにくい状態を見える目的にこの本を買ってしまった方。


見えるようになったら、ありがとうと電話しましょう。
見えるようにならなかったら、どういうことなのか?電話で聞いてみましょう。


Y'sサイエンスクリニック広尾
住所: 〒106-0047 東京都 港区南麻布5-15-27 広尾リープレックスビズ6階
電話番号:03-6447-7605

同じ施設の他の人も同じような本の著者となっていました。
このビジネス、余程美味しいのでしょうか。


僕には他人を騙してお金儲けをする気はありません。
そんなことをしていたら、いつか天罰を受けると思います。

理想と現実

救急で頑張っておられる他のDrのブログを見てました。


初診で来た患者さん、癌が疑われて、入院して検査を勧めたが、症状はもう無いと言って帰ったとの話。


話の仕方がキツかったからと自分を卑下されておられましたが、なんて優しい先生だと僕は感心しました。

しばしば感じますが、医学的に正しいことが、その患者さんにとって正解とは限りません。


国家試験、専門医試験では、文章や画像を見て、診断や治療を答えさせる問題です。
医学的に正しい=正義です。


ただ、そのように説明しても、患者さんが話をちゃんと聞いて、その通りに進んでくれるとは限りません。


僕もいつも悩ましく思います。


・明らかにコンタクトレンズの使用しているから、使用の仕方が悪いから問題が起きているのに、本当に言った通りの期間全く使用中止をしてくれるだろうか?


・点眼を1日4回、1回1滴、良くなったと思っても回数を変えずに使い切ってね!と言った直後に、良くなったら止めて良いですか?とか、2回でも良いですか?なんて言われたり…


でも患者さんの家までついて行ってずーっと観察している訳にもいきませんので、こちらで言ったことを守ってくれるも、守らず悪化するもその人の人生です。


冒頭の癌と思われる患者さんに検査と治療勧告をしても、その後に検査も治療もしないで悪化して急変して助けてと、また救急外来に来る日があるかもしれませんね。


そして手の施しようが無くても、それはそれでその人が望んだ人生なので、医療者は怒るも何もせず、冷静に中立の立場で出来ることはやる、出来ないことは出来ない、と対応するしか無いのかな、と僕は思っています。