アジサイ眼科


アジサイ眼科

Ajisai Ophthalmology Clinic

2018/6/23

今週の手術日は、白内障の手術を10件、翼状片を1件行いました。
全員経過は問題ありません。


手術の後は、東京慈恵会医科大学柏病院での講演会を聞きに行きました。
改めてぶどう膜炎の原因として、梅毒、結核も念頭に置いて考えさせられる内容でした。


最近のホームページ更新内容は間違い探しみたいなものですが、アジサイ眼科の由来ページを作ってみました。
トップページに隠れリンクを仕込んでみましたが、誰も気付かなそうなので(笑)、院長紹介にリンクを作りました。

2018/6/14

本日は、白内障の手術を10件行いました。
とても調子良く終わったので、明日が楽しみです。


手術後は、事務長を機械出し役にしてロールスクリーンの天井への取り付け作業をしました。
数日前に試しに1つだけ付けて良さそうだったので、同じ取り付け器具を買ってきました。
壁も天井も石膏ボードなので、普通の木ネジだけで取り付けしては、ネジ穴がグズグズになって落下します。
もっと前に、待合室の絵を取り付けたのも僕ですが、絶対に落ちないと思われるアンカーを打ち込んで、そこにボルトで絵を支えるステーやフックを固定しました。
ただ、絵用に買ったアンカーの打ち込みは結構面倒なタイプだったので、ロールスクリーン用はもう少し使い易いアンカーに変えてみたんです。
それとロールスクリーン1つに対して、3個のステーを各々2本のネジで固定するのですが、キレイに1直線上にステーが並ばないと取り付け出来ない訳です。
そのためにアンカー打ち込み位置はミリ単位で計測して決めて、ロールスクリーン3つ目の計8個のステーまではパチパチ順調に取り付け出来たんですが、9個めのステーが2mmくらい微妙にズレてロールスクリーンがはまらずに苦労しました。
ステーの位置合わせは微妙に調整出来るので、2回付けて外してを繰り返して、なんとかロールスクリーンを固定出来ました。
4つ目のロールスクリーンは体力の限界ということで、後日に持ち越しました。
そんなこんなで、大工院長もやっております。


土地柄、外国人旅行者がたまに来院されます。
全員が日本語通訳と同行してくれれば助かるのですが、日本語が話せないのに通訳もいない、となるとお互いに困ります。
僕もスタッフも日本語以外は得意ではないので、なかなか外国人受け入れ対応!とは言える状態ではないです。
英語が通じれば、診察はパソコンの翻訳を使えばなんとかなりますが、診察前の問診で困ることがありました。
最近もそんなことがあったので、外国語の問診票を探してみると見付かったので、トップページにリンクを置いてみました。
もちろん、英語の問診票だけはプリントして常備しておくことにしました。
イオンモール成田のホームページも改めて英語バージョンも見てみると、外国人用のイオンモール成田の案内YouTube動画があり、日本人が見てもイオンモール成田の案内にはなると思ったので、アクセスページに貼ってみました。
それと、成田空港、空港周辺ホテル、安食駅、横芝駅からのイオンモール成田間のバス時刻表のリンクも貼ってみました。



ついでに手術動画ページの動画画面の大きさも大きく揃えてみたり、
やっぱりトップページの忍者カウンターの広告は邪魔ですし、安全でないページみたいな風に出るようになったので、広告が出ないアクセスカウンターに変えました。
また、トップページのflash動画が重い、止まる場合、動画をクリックすると動画無しページに切り替わるようにもしてみました。


2018/6/8

トップページ、院内紹介ページ用にflashを製作、掲載していたのですが、スマホ・タブレットでは真っ白の空白になっていました。
パソコンで見るか、flash playerをインストールすれば見られるよ、というのはずっと気掛かりでした。
アジサイ眼科へのアクセスは、
モバイル:79.9%
パソコン:17.8%
タブレット:2.3%
と変わらず、スマホユーザーが大半なのは分かっていますので。
少しでもスマホ対応と考えて、Javascriptでflashを再生する変換プログラムを見付けました。
素晴らしいです!
タブレットでflash再生を確認しました。
これで今後いくらでもflash動画を作っても対応出来ますね!
家永 稔之さんという方が作ったそうで、大変助かったので、リンクを貼っておきます。
Javascript製FlashPlayer「swf2js」swfをそのままHTML5に変換。
インターネットのお遊びと言うとflashが楽しいよね~!
という世代の僕にはネ申です!